2017年3月27日月曜日

本文

1年を振り返って

   地域医療のススメ・東京北医療センター総合診療科後期研修医 S1 齋藤 浩史 です。
   現在東京北医療センター総合診療科に戻り研修中です。今年度の研修内容ですが
4~6月:東京北医療センター総合診療科
7~12 月:十勝いけだ地域医療センター
1~3月:東京北医療センター総合診療科
上記のような研修内容でした。
   早いもので研修プログラムに参加させていただき、1 年がたとうとしています。1 年前の
自分と比べて「ここが成長した!」と胸をはって言う自信がないのが悲しいですが、少し評価してもよいかと思う点は自分の疑問点を二次資料や文献を使うような意識がついてきた点については評価してもよい点かもしれないと思っています。
   先日の症例ですが、8年前に右結核性胸膜炎・膿胸治療を他院で受けられた 83 歳男性が
発熱で入院しました。当院入院時の胸部 X 線で右 CPA の透過性の低下を認め、胸部単純 CTでは右下肺野に淡い浸潤影と胸膜の肥厚・被包下胸水を疑う所見を認めました。結核性胸膜炎・膿胸の治療後に関しては認知症や高血圧などとともに近医かかりつけで胸部 X 線でフォローされていたそうですが、経時的に増大傾向をみとめていたとのことでした。むせこみがあったとのことで誤嚥性肺炎を 1 番に疑い、胸膜の肥厚や被包下胸水を疑う所見もあり熱源として充分可能性はあるかと考えつつ SBT/ABPC で治療を開始しました。
   結核性胸水・膿胸治療後で長期的にどんな合併症があり予後はどうなのか二次文献にあ
たってみました。UP TO DATE には「結核性胸膜炎」で調べたところ治療後長期的には治療後約 50%の確率で胸膜胼胝が起こりえることが書いてありましたがその他に関しては明言されていませんでした。「膿胸」で調べたところ、記載はありませんでした。Dynamed では、「結核性胸膜炎」で調べましたが項目なく、「膿胸」で合併症に胸膜胼胝の記載がありましたが予後に関しての記載はありませんでした。困ったなあと思い、論文検索したところ
『Predictors of Outcome and Long-term Survival in Patients with Pleural Infection』(Am J
Respir Crit Care Med. 1999 Nov;160(5 Pt 1):1682-7 PMID:10556140)という論文をみ
つけました。4 年間追跡のコホート研究で、症例数自体は 85 人で少ない印象ですが 4 人の
かたが入院中の治療中に亡くなり 8 人が退院後に亡くなりました。4 年生存率が 86%であ
り、死亡した方のおもな原因として虚血性心疾患が 4 人・乳癌 1 人・頭頸部癌 1 人・気管
支扁平上皮癌 1 人・気管支肺炎 1 人という結果でした。予後はそれほど悪くないのと、死
亡理由として胸部や頭頚部など上半身の癌が多い印象でした。『British Thoracic Society
Pleural Disease Guideline 2010』では、20 年以上経過した膿胸関連のリンパ腫がまれなが
ら 2%認められたとの記載がありました。以上踏まえ、結核・頭頚部癌・肺癌・リンパ腫な
どの可能性も考えました。造影 CT では明らかな悪性腫瘍を示唆する所見なく可溶性 IL-2R の上昇もありませんでした。幸い抗菌薬治療で解熱し右下肺の浸潤影の消失を認めました。呼吸器内科 Dr とも相談し胸水は穿刺が難しく、経過からは今回の主病因ではないと判断し外来フォローの方針としました。不十分ではあるかもしれませんが自分なりに考え判断できた症例であったかと思っています。
   来年度の目標として、臨床だけでなくポートフォリオなどの作業を少しづつ進めていく
ことはもちろんですが、総合診療科での勉強会も積極的にやっていきたいなと考えていま
す。以上簡単ではございますが、1 年の振り返りと近況報告とさせていただきます。

2017年2月28日火曜日

サイトビジット報告

プログラム責任者の井上です。

2月も今日で終わり、明日から3月ですね。
今年度もあと1ヶ月です。
2月も4箇所のサイトビジットに行ってきました。石岡第一病院、市立恵那病院、区立台東病院、日光市民病院です。どの施設でも専攻医の先生は生き生きと研修をしておられました。
中でも市立恵那病院は10月に新病院になったばかり。
今までの病院の隣に新病院は建設されたのですが、場所がちょっとずれただけなのですが、中央本線から今まで見えなかった病院が高台の上に見えるようになりました。逆に病院玄関からは今まで見えていなかった風景が見えるようになりました。
新病院は入り口から外来部分には木がふんだんに使われていて、木のぬくもりが感じられる、すごく柔らかな雰囲気になっていました。
来年度もススメの専攻医が研修にお邪魔することになっていますし、秋にはJADECOM初期研修医の地域医療セミナーも予定されています。また伺えるのが楽しみです。

来月も忙しいことになりそうですが、新たにススメに参加する専攻医の皆さん、今までの専攻医の皆さんが楽しく学んでいけるように新しい年度の準備をしていきたいと思っています。

地域医療型ブログラム「地域医療のススメ」はこちらから >>

2017年2月15日水曜日

石岡Life!

こんにちは&お久しぶりです。ススメS1(PGY3) 吉岡優です。
私は昨年の4月に東京ベイ・浦安市川医療センターでの救急研修から始まり、練馬光が丘病院の総合診療科研修を経て、12月から茨城県のほぼセンター・石岡市にある石岡第一病院で3ヶ月間の小児科研修をしています。

茨城県は魅力度ランキング4年連続最下位という不名誉な称号をもつ県ですが、スローガンは『のびしろ日本一。』ということで、とてもポジティブに頑張っています。石岡は特急「ひたち」も停車し上野から1時間弱という意外と都心に近いことに加え、実は歴史の深いまちでもあるようです。太平洋側ならではの冬晴れの青空と、綺麗な星空を眺めながら、とても住みやすいなぁと感じています。

さて、石岡第一病院は100床くらいの規模で、内科・小児科・整形外科・口腔外科がメインの病院です。筑波大学附属病院 総合診療グループや自治医科大学

、茨城県立中央病院の家庭医プログラムから研修に来ているS2・S3の先生方、水戸協同病院のJ2の先生など同世代の医師も意外に多く、毎日わいわい言いながら楽しく研修しています。

ススメの専攻医はどうしてもそれぞれがバラバラに研修先を選んでいるため、同期や先輩方がどのような研修をしてどんな医師になっていくのか、具体的につかみにくいところがあります。私は身近にロールモデルがいないことに寂しさや不安を感じてきました。しかし、JADECOM以外のコミュニティで頑張っている同じ志を持った方々の姿を見て、『すごいな』『こうなりたいな』と憧れを抱いたり、逆にポジティブなフィードバックを頂いたりして、すごく励みになりました。

また、内科外来支援や内視鏡支援、小児科外来支援などで、東京北医療センターや東京ベイの先生方がいらっしゃっているので、これまでに色々な場所で出会った先生方と再会できたのもとても嬉しかったです。

小児科は常勤の先生が2名で、研修医が常に2名(筑波大学S3+水戸協同病院J2)はローテートしており、主に午前・午後外来と予防接種・乳児健診をほぼ独立して任されています。入院患者さんは週に1-2人程度で、気管支喘息や発熱、胃腸炎での入院が多いです。

外来では、多くの症例に暴露されるという貴重な機会を頂いています。もちろん、指導医はいつでも気軽に相談できるように配慮してくださっていますし、カルテも適宜チェックしてくださっているので、その都度アドバイスを頂きながら進めています。部長先生からは「あたしが責任持つから自由に考えてやってみなよ!」と仰って頂けているので、気持ち良いくらい野に放たれています(笑)。

初期研修医の頃の小児科研修では病棟業務がほとんどでしたし、おそらくススメの研修施設の中でも石岡のようにひとりの小児科医としてひたすらに外来経験を積めるのは珍しいのではないでしょうか。もし、小児科研修先で迷っている方がいらっしゃいましたら、私はぜひ石岡での研修をおすすめしたいです!

さらに、後期研修医は例外なく一人全科当直も行います。夜間は宅直の検査技師さん・放射線技師さんを呼ばないと検査ができません。外科がないので基本的に急性腹症はほぼ転院搬送です。これまで副当直の経験しかなかった自分にとっては、施設の限界と、自分の能力の限界との狭間でいつも悩み迷いながら業務にあたっています。

救急車とwalk inと病棟急変と、タイムマネジメントを意識しながら患者さんを診ていくこと。適切なアセスメントをすること。転院搬送の判断ポイントはどこか。転送先の医師へのショートプレゼンテーション。…どれも東京ベイの救急や練馬の総診で教わったことばかりです。学んだことをきちんと実践できているかどうかは正直自信がありません。それでも4月から挫けそうになるくらい厳しい環境に身を置いてやってきたことは間違っていなかったんだと確信しています。学んだことはいつか繋がる…これまでお世話になった方々へ感謝せずにはいられない日々です。本当にありがとうございます。


最後に、この1年は初期研修から一転、ものすごく負荷のかかる毎日でしたが、たくさんのかけがえのない出会いに支えられた1年でした。卒後年数と自分の実力との差に愕然としますが、現実を真摯に受け止めて、感謝と思いやりを忘れず不器用なりに進んでいこうと思います。

茨城での暮らしは名残惜しいですが、3月からは古巣である東京北医療センターへ戻ります。
春からも、たくさんの出会いがありますように!


地域医療型ブログラム「地域医療のススメ」はこちらから >>

2017年2月9日木曜日

本文
妊娠、出産を経て



現在市立恵那病院に所属しております、山田恵梨子と申します。

昨年4月から産休を取得し、4月末に出産しました。
市立恵那病院は託児所があり、発熱のみであれば病児保育も可能で安心して仕事をすることができています。また、子供の数が少ないのに対して先生方がたくさんいるので笑とても手厚い保育をしていただいています!

初めはまだ0歳の子供を預けることに対して抵抗がありましたが、現在は時短勤務で15時以降は子供と触れ合う時間を十分に持てますし、大きなお兄さん・お姉さんたちと触れ合うことで運動発達などがとても早くなったように感じます。

とてもびっくりしたのは、今まで練習してもできなかったストロー飲みが保育園で1日訓練してもらったらすぐに出来るようになったこと。プロの凄さを感じました笑

恵那は寒いことは難点ですが、子供を抱えた私にたくさんの配慮をしてくださり、とても働きやすい環境で働かせていただいているなと感じます。
また、一緒に働いている夫も帰宅時間が早いので子供と遊ぶ時間もあり3人で笑っていられる時間が本当に幸せです⭐︎

改めて地域医療のススメで研修させていただいて柔軟に研修させていただいていることに感謝しております。

来年は北海道に勤務する予定ですが、また恵那に帰ってこようと考えている今日この頃です。。。

私と旦那の働き方が1つのモデルとなって夫婦のススメ生が増えてくれることを期待しています!!

山田恵梨子


地域医療型ブログラム「地域医療のススメ」はこちらから >>

2017年1月27日金曜日

自分らしくいられる場所、知っていますか?(♡^^♡)


自分らしくいられる場所、瞬間を知っていますか?




普段は、家庭医として、台東区立台東病院で勤務しています。
・・・が、

私の自分らしくいられる瞬間は、
1、社交ダンスで心も体も美しく、健康な自分を作り、活き活きと表現する姿を見て頂くこと。そして、感動、パワー、輝きを、見ていただいた方に提供すること。
2、自分と触れ合った周りの方々に、愛情を込めて接し、温かな心地よい気持ちになってもらうこと、そんな対応をできる美しい心をもった自分でいること。
3、日々の月日の流れをゆったり感じ、毎日のひとつひとつのことをゆっくり味わって生きること。
4、家庭医として、患者さんと心の通った優しい医療を提供すること。健康教室、予防、健診がメイン・・・の予定



続きをお読みになりたい方は、ぜひ、私のfacebookに遊びにいらしてくださいね^^♡
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1394809597199288&set=yo.100000107841545.2016.www_timeline.&type=3&theater





地域医療型ブログラム「地域医療のススメ」はこちらから >>

♡2016年の中山由梨の振り返り♡


https://www.facebook.com/yuri.nakayama.779/posts/1481741245172789


《《2016年の振り返り》》
新年あけまして、1ヶ月が経過しつつありますね。
みなさんは昨年の振り返りや、
今年の意気込み、
そこから導かれる自分の変化や成長など、
自分のための時間をとって、されていらっしゃいますか?

私は、年越し〜新年にかけて、
2016年の振り返りをしてみました。

【自分の可能性に気付いた2015年】
自分の可能性は
『ホスピタリスト(病院総合医 )にない』
ということ、
『好きなことをして人を幸せにできる愛に溢れたオンリーワンのドクターになりたい』
という夢をもった1年でした。

【自分の可能性を探り突き詰めた2016年】
激動の1年&心の変化の1年&成長の1年でした。
”本当にやりたいこと”
”自分のミッション”
”自分の生きがい”
を突き詰めることができました。

救急総合内科をメインとして過ごした
東京ベイ浦安市川医療センターでの医師生活を修了し、
健康や予防、地域を幅広く診る
『家庭医』の道を極めることになりました。

《ザ・お医者さんのお仕事編》
・4−6月:東京北医療センター 総合診療科 
〜自分の力試しの場〜
フェローリーダーの業務を担当。
チームの後輩が6人に増え、
ベイのときに受け持っていたチームより
大きなチームのリーダーを担うことに。
後輩の指導や教育、タイムマネジメントなど、
自分が思っている以上に周りの先生方からは評価いただき、
他の病院でも通用するドクターであることに
嬉しさや自信をもてました。
ベイで沢山の試練を乗り越えたからこそです。
業務内容は、家庭医というより、
ホスピタリストでしたが、自分の能力の力試しになりました。

可愛い後輩たちが増えたり、
自分と同じような
『病気ではなく人を診る』というマインドを大切にして、
大人も子供も診療したいと考えている
先生たちと一緒に働きました。
とくに、
明るくてお茶目でとっても素敵な
小野葉子先生(ようちゃん)と仲良くなれたこと、
そして一生モノの友人として
これからもずっと仲良くできること、
大切な人がまた一人増えて、
人生の中でかけがえのない宝物となりました。

・6月:糖尿病教室@大宮
父のクリニックの地域健康づくりの一環で
「糖尿病教室」を開催しました。
今までの病院規模でのこのような講演をしたことは
何回もありますが、
病院での糖尿病教室では
数名程度しかいらっしゃらない
参加者さんを相手にお話しでしたが、
なんと、この会では、120名前後(?)も参加され、
会場が立ち見になるほど(@^^@)
すごい人気っぷりで驚きました。
父の地域への健康啓蒙活動の地道な草の根運動が
ここまで発展しているとは!!
さすがだなと思いました*

でも、この頃は、婚約者との別れもあり、
苦しみもんもんとしている時期でもあったな・・・。
相手を心から好き、というよりも結婚というものに憧れて・・・いろいろ早まった。
もっと相手を深く知り、
本当に愛する人と一緒に人生を歩みたい。そう思った。

・7−9月:東京北医療センター 小児科 
〜女医ゆりりん、張り切りすぎて病気になる〜
もともと子供好きで
医学生時代には小児科に進みたいと
思っていたことを思い出しながら、楽しく診療していました。
頑張りすぎて、
胃腸炎やマイコプラズマ肺炎になりました。
自分が病気になり、
『苦しすぎて病院に受診できない患者さんの気持ち』
『健康って本当に大事!
健康だからこそ穏やかで何気ない幸せな毎日が送れる』
ことに気づきました。
〜毎日元気に出勤して診療し、
趣味のダンスに勤しみ、友人と夕食を食べる〜
こんな何気ない日々がいかに幸せなことか!
元気に過ごせている何もない日を幸せ♡
と改めて思えるようになりました。

・9−12月:台東区立台東病院 総合診療科 
〜居心地のいいホーム♡〜 
〜任された仕事と進めたいキャリアのバランスを模索〜
子供の診療が好きすぎて、
一時は大人の診療に戻れないかと心配しましたが・・・、
『やっぱり、大人も子供もみんな好き♡』でした。
自分のやりたい医療にどんどん近づきつつあります。
健康や予防面に特化した診療
(禁煙外来、健診、ヘルスプロモーションなど)
も担わせていただいています。
人の最期をじっくりと弔ったり、
人生観を意識して
より愛情深い診療ができるようになりました。
子育ても頑張る先輩女医さんなど
人生のお手本となる方とも出会えました。


順天堂大学医学部の学生さんの臨床実習のゼミでも、
講師をさせていただきました。

自己を見つめ、
本当にやりたいこと、人生のキャリアを考える
時間はとれたけど、、
常勤をしながらの
自分自身の本当のキャリアを進める器用なことは
自分にはできず、、
そのバランスにもがき苦しむ時期でもありました。

《自分のキャリア編》
〜素敵な人々との出会いに感謝♡♡〜 
〜今の仕事と進めたいキャリアの狭間で葛藤〜
・4−9月
⭐︎オンリーワンのドクターとして
『家庭医×社交ダンサー×心理カウンセラー』の私になりました。
『心も体も美しく、健康に、幸せに生きる』
ことをテーマにした
自分にしかできない
『医療&カンセリング・コーチング&セミナー』
をしたいと思うようになりました。
でも、、どのように着手していいか・・・(悩)

そんなとき、、
1つのキラキラ本を見つけましたーー!!!




・・・ 続きをお読みになりたい方は、ぜひ私のfacebook(下記にリンク貼っています)に遊びにいらしてくださいね〜⭐︎
https://www.facebook.com/yuri.nakayama.779/posts/1481741245172789





私の人生、生き方はこの1年で大きく変わりました。
自分と向き合うこと、自分の本音に耳を傾けることで、
”どう生きたいのか”
”どうありたいのか”
”本当に大切にするものは何か”
これらが導かれます。
そのように自分の本当に在りたい姿になるには、
『不要なもの、手放すもの』『とことん大切にするもの』
を見極められるようになることが肝要です。
それができるようになり、
より潔く、より心がキラキラ、ワクワクする方へ
人生の選択ができるようになりました。

そのおかげで2016年は、数々の素敵な方達とお会いでき、
持っているエネルギーレベルを高め合い、
さらに多くの素敵な人とのご縁の連鎖が起きました。
(引き寄せ♡引き寄せ♡^^♡)
素敵な方たちとの出会いと継続しての繋がりが、
自分の人生に変化を与え、より豊かにします。

そして、もっともっと変わり続け、キラキラ輝きます。

《《 自分らしくキラキラ輝くために大事なこと 》》
・『自分の本当に在りたい姿になるために、人生を変える!』
という強い情熱
・素敵な人々との出会いとご縁に感謝♡感謝♡

そして、今まで人生相談にのってくださり、
自分のライフコンパスになってくださっていた方々、
特に、
★東京ベイ→家庭医キャリアの際に指南くださった 
藤谷茂樹先生
★家庭医のプログラムで見守ってくださっている 
井上陽介先生
★医師としても人生としても自分らしく輝くためのライフキャリアについていつもサポートくださる 
斎藤中哉さん
★ダンスが自分の人生の一部になってしまうほど、
ダンスすることの歓びを教えてくださる恩師
二ッ森亨ダンスアカデミー 
高橋顕史先生(社交ダンスコーチャー)

には自分らしい人生に導いてくださり、心から感謝します。


【自分の可能性を羽ばたかせ飛躍し輝く2017年】
もっともっと自分らしく、
自分がウキウキする人生の選択をします♡
詳細は乞うご期待!

超長文、お付き合いくださり、
ありがとうございました!!https://www.facebook.com/yuri.nakayama.779/posts/1481741245172789



地域医療型ブログラム「地域医療のススメ」はこちらから >>

2017年1月5日木曜日

2017年スタートです!

 新年あけましておめでとうございます。プログラム責任者の井上です。

 4日が仕事始めだった医療機関も多いのではないかと思います。
湯沢町保健医療センターも4日が仕事始めで、私は年頭の全体朝礼で挨拶をさせていただきました。毎年何を話そうか?と考えて、結局まとまらず、その場の勢いで喋ることが多いのですが、今年も同じでした。なかなか難しいなあといつも思っております。

 さてススメの専攻医の皆さん、修了生の皆さんはどのような新年を迎えられたのでしょうか?当直で忙しかった人、久しぶりにのんびりできた人もいたことと思います。
インフルエンザやノロウィルスも流行っていることですし、自分が感染してしまい体調を崩さないようにしてもらえるといいなと思っています。

 1月末にはポートフォリオ発表会があります。色々なポートフォリオを見せていただけるのをたのしみにしています。

 またそれぞれの近況を今年もこのブログに投稿お願いします。今年もよろしくお願いします。


地域医療型ブログラム「地域医療のススメ」はこちらから >>